キーボード操作

キーボードの入力は英数文字で入力すれば、覚えるキーが少なくて済み、キー配置を覚えるための時間を節約できます。また、市販のタッチタイピングソフトを使うことで、自分のレベルに合わせてタイピングの練習ができるので、タイピングの練習をし続けることで将来的にはキーボード操作が早くなります。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約パソコン操作時間節約>キーボード操作

キーボード操作の時間

キーボード操作の前に

キーボードで文字を入力する場合、まず英数文字での入力をすすめられます。理由は英文字なら26文字分のキー配置を、日本語文字なら50音分のキー配置を覚える必要があるからです。覚える量が少なければ、覚えるまでの時間も短くて済みますからね。

キーボードでの入力

キーボードで入力をする際に、英数文字での入力を行う場合、少なくともローマ字を知っておく必要があります。でも、すべてのローマ字を覚える必要はありません。例えば「きゃ」と入力するときには、「KYA」としても、「KI」「LYA」としても大丈夫です。小さい文字を入力したいときには「Little」の「L」をつけるという感じで覚えても良いと思います。(「L」のかわりに「X」を使ってもOK)

ブラインドタッチ

キーボードのキー配置を眼で確認せずに入力を行うことをタッチタイピングと呼びます。キー操作になれてくると自然にできるようになりますが、独自で練習するのも、面白みがなくなかなか辛いものです。でも、電気店やパソコンショップなどで販売されているタッチタイピング専用ソフト(安いものでは2,000円程度)を使って練習をつづければ、楽しく遊びながらタッチタイピングができるようになります。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8