ショートカットキーで時間節約

Windowsのショートカットキー一覧です。ソフトごとに割り当てられるショートカットキーの組み合わせが違うこともあるので気をつけましょう。CtrlキーやAltキーを上手に使えば、パソコンやソフトの操作時間を短縮できます。覚えるのは大変かもしれないけど覚えてしまえば、作業効率は格段にアップします。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約パソコン操作時間節約>Windowsショートカットキー

パソコン操作の時間節約

ショートカットキーとは

パソコンに様々な指示をすることができる「キーボードにある特定のキーを組み合わせた操作」で、うまく使えば作業効率が格段に上がります。慣れれば、マウスで操作するよりもキーボードで操作をするほうが断然早くなります。

よく使うショートカットキー


ショートカットキー一覧
キーの組み合わせ 操作内容 説明
Ctrl+A 全選択 すべてを選ぶ
Ctrl+B 太字 Office系ソフトなどで文字を太字にする
Ctrl+C コピー 選択しているものをパソコンが記憶
Ctrl+D 複製 エクセルにおいて一行上の内容をコピー/IEではお気に入りに保存
Ctrl+F 検索 インターネットエクスプローラーやOffice系ソフトで検索
Ctrl+H 置換 Office系ソフトなどで文字を置換する
Ctrl+I 斜体 Office系ソフトなどで文字を斜体(イタリック)にする
Ctrl+N 新規作成 新しいファイルを作る
Ctrl+O 開く 既存のファイルを開く
Ctrl+P 印刷 プリンタへ出力
Ctrl+R 複製 エクセルにおいて一列左の内容をコピー
Ctrl+S 保存 既存ファイルの場合は上書き保存
Ctrl+U 下線 Office系ソフトなどで文字に下線をつける
Ctrl+V 貼り付け パソコンが記憶したものを指定した場所に複製
Ctrl+W 閉じる インターネットエクスプローラー(ブラウザ)を閉じる
Ctrl+X 切り取り 選択しているものを消去してパソコンが記憶(貼り付け可能)
Ctrl+Y やり直す 元に戻した内容を再度やり直す
Ctrl+Z 元に戻す 一つ前の作業段階に戻す
※私が使っているソフトで割りとよく使うものだけをピックアップしています

上の例はCtrlキーの組み合わせばかりですが、Altキーを使うともっと早く操作ができるようになります。例えば、「Alt+F」で、起動しているプログラムのメニュー「ファイル(F)」を選択した状態になります。メニューの右側に下線付きのアルファベットがあったらALTキーとの組み合わせを示していますので、試してみてください。

あと、複数のプログラムを起動する機会が多い方は、プログラム切り替えに「Alt+Tab」をおすすめします。ALTキーを押しっぱなしの状態で、Tabキーを必要数押します。(Altを押したままTabでプログラムを左から右へと、AltとShiftを押したままでtabを押すと右から左へと順番に選ぶことができます)

ショートカットキーを覚えると

タイピング練習用ソフトなどでキーボードでの入力に慣れるように、ショートカットも何度か使って覚えていくものです。はじめは、逆に「マウス」操作よりも遅くなるかもしれませんが、それを習慣づけることで、次第に「キーボード」での操作が早くなってきます。

時間を大切したい私としては、是非、みなさんにも「キーボード」操作を実践していただきたいです。パソコン操作が早くなればなるほど「時間の節約」につながります。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8