お風呂の節水 水道代節約

節水の面で一番よいのは、少なめのお湯にできるだけ複数の人が入ること。人が多く入ることで水位も上昇しますからね。シャワーを出しっぱなしにせず、毎回止めるようにすれば、水道代とガス代を抑えることができます。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約水道代の節約>お風呂の節水

お風呂の節水で水道代節約

お風呂の節水

毎日浴槽にお湯を張り、シャワーで頭や体を洗いますが、そのときに使うお湯(水)の量に無駄がないのか考えてみましょう。毎日のことですから、少しの無駄を省くだけでも節約効果は高いと言えるはずです。

水位は少なく

お風呂の浴槽には少なめのお湯を張ります。お湯の量が多すぎて、お風呂に入ったらせっかくのお湯がこぼれてしまうのではもったいないですよね。浴槽で少し体勢を変えれば浸かることができれば十分じゃないでしょうか。また、節水の面で一番よいのは、少なめのお湯にできるだけ複数の人が入ること。人が多く入ることで水位も上昇しますからね。

お風呂は続けて入る

お風呂には、「熱いお風呂が好きな人から順番に入る」ことで、水を足したり、お湯を足したりする回数を減らすことができます。これにより、水道代のみならずガス代も節約できます。また、お風呂から出たら、浴槽にはフタをして、その後すぐに次の人が入るようにしましょう。

時間を空けてお風呂に入ればお湯が冷めてしまいますので、結局お湯を足す必要が出てしまいます。

シャワーは止める

頭を洗ったり、体を洗ったりするときに、シャワーを出しっぱなしにせず、毎回止めるようにすれば、水道代とガス代を抑えることができます。毎回止めるのが面倒という方は、シャワーヘッドをスイッチ付きの節水シャワーヘッドに交換するという方法もあります。シャワーを持った手でそのままスイッチをオン、オフできるのでとても便利で、節約にもなります。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8