詰め替え用で節約

「詰替用」は商品の容器代が省ける為、どの商品を買う場合でも価格が安くなります。そのため、常に「詰替用」だけを使用するようにすれば、長い目で見れば大きな節約になります。詰替え様以外は中身を買うのと同時に容器も買うことになるので無駄


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約買い物の節約>詰め替え用で節約

買うのは詰め替え用だけ

消耗品へのこだわり

日常生活で必要となるシャンプーやボディソープ。その銘柄や成分などにより価格も異なります。普段使っているシャンプーにこだわりがありますか?もし、これといったこだわりが無いのであれば使い方次第で支出を抑えることができます。

消耗品の値段

シャンプーや家庭用洗剤などを買う場合、中身を買うのと同時に容器も買っているんですよね。考えてみるとその容器代は非常に無駄です。何年か前までは、「買い替えをするといえば容器ごと」という社会でしたが、最近では環境問題などに配慮し、ちゃんとした容器に入っていない「詰替用」というものが多く販売されるようになりました。

詰替用の値段

「詰替用」は商品の容器代が省ける為、どの商品を買う場合でも価格が安くなります。そのため、常に「詰替用」だけを使用するようにすれば、長い目で見れば大きな節約になります。詰替用を使用する場合の容器は、今まで使っていてた銘柄の違う商品のもので構いません。容器が古くなってきた時は、一度容器がついた商品を買うか、容器だけを別のお店で買いましょう。我が家では近くの100円ショップで、容器を買って使っています。

詰替用より安いものなら

パパの近くの薬局では、シャンプーなどの新商品が格安価格で販売されることがあります(これは消費者に新商品を知ってもらうようにするための、メーカー側の戦略だと思われます)。パパの家では特に銘柄へのこだわりは無いので、普段使っている詰替用より安いボトル付の商品があれば買うようにしています。

いろいろある詰替用

スーパーで販売しいてる詰替用の種類も大分多くなってきました。ココアや調味料、洗剤(食器用・衣類用)にシャンプー、リンス、ボディソープなどたくさんの商品が、専用容器に入ったものと詰替用とで販売されています。容器に入っていても、詰替用の袋に入っていても中身は一緒ですから、家計節約をするのであれば、単純に「内容量に対しての価格が安い方」を買うべきです。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8