詰め替え用で節約

「詰替用」は商品の容器代が省ける為、どの商品を買う場合でも価格が安くなります。そのため、常に「詰替用」だけを使用するようにすれば、長い目で見れば大きな節約になります。詰替え様以外は中身を買うのと同時に容器も買うことになるので無駄


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約買い物の節約>栄養補助食品を買わない

栄養補助食品を買わない

栄養補助食品

普段の食生活で摂取することが難しい栄養成分などは、栄養補助食品で補給をする方もいらっしゃることと思います。でも、中には実際にどんなメリットがあるのかが分かりにくい食い聞き慣れない名前の成分もありますよね。健康維持に良いという理由だけで、そういった商品を買うと、自分に不要な成分にまでお金を払うことになります。漠然と「健康維持のための商品」というのは、薬でいえば「総合感冒薬」と一緒ですよ。風邪を引いたときは、症状に合わせた薬を飲みますよね。

商品の栄養成分表示に惑わされない

今日、店頭で販売されている食品や飲料には、商品に含まれるカロリーやビタミンなどの成分表示があります。この成分表示を見ると、商品によっては「特定の成分が突出して多く含まれるもの」がありますよね。でも、栄養成分が多く含まれているなら・・・と思い、商品を買い物かごに入れる前に考えて見ましょう。それは、あなたにとって本当に必要な成分なのでしょうか?毎日の食生活の中で普通に摂取できているのもではないでしょうか?

栄養補助食品とは

そもそも栄養補助食品とは、普段の食生活の乱れにより必要になるものです。好き嫌いの無いバランスの取れた食生活を送ることができれば、わざわざ余計なお金を使うこともないのです。ただし、普段から摂取することが困難な成分については、本当に必要なものなら買っても良いでしょう。

栄養が多すぎても意味が無い

自分に足りない栄養分を普段の食事で摂取するのは一番良いことだと思います。栄養補助食品で摂取することは次に良いことだと思います。どちらの場合にも言えるのですが、栄養が偏ってしまうのであれば摂取する意味がありません。せっかくの栄養分も吸収されずに排泄されてしまうからです。

とくにビタミン類はレモン○個分だとかと言うようにたとえられていますが、一度に大量摂取しても、そんなに吸収できません。もし、ビタミン欲しさにお金を払っているのであれば、大量摂取することはお金を捨てるようなものです。それは、ただ単に排泄するための摂取なのです。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8