保険料の節約

自動車保険や生命保険、どちらも生活に必要なもの。無事故で病気や怪我が全く無いのであれば、保険自体が不要となるのですが、なかなか思うようには行きません。でも、どうせ保険に入るなら、少しでも良い保障内容で少しでも安いほうがいい。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約>保険料の節約

保険料比較で安い保険に

保険いろいろ

世の中には、いろいろな保険があります。生命保険に自動車保険、建物や学資保険などなど・・・その中でも、生活の中で特に重要なのが「生命保険」と「自動車保険」だと思います。病気で入院したり、車に乗っての人身事故や対物事故が起こった場合などは、非常に大きな額のお金が必要になります。

保険に入るか否かは自由

ほとんどの保険は任意加入のため入る義務はありませんが、保険に入っていないと何か起こった時のことを考えるととても心配です。例えば、車での事故、信号機に突っ込んだりしたら1,000万円を越える請求を受けることだってあります。人身事故においては事故の内容によって、相手が死亡した場合や重い後遺症が残った場合は億単位の請求を受けます。

保険の必要がない人

ズバリ、一生涯100%無事故(加害・被害)で病気にならず(入院なし・手術なし)、家も地震や台風の被害に遭わない人です。こんな人いるんでしょうか?結果的に保険をつかわないで一生を過ごせるという人はいるでしょうが、今の時点からこの先数10年先のことを断言できる人はいないはずです。

やっぱり保険には入るべき

何かが起こっても、また元通りの生活を送れるようにする為には保険に入るべきだと思います。かといって、闇雲にいろいろな保険に加入すれば、保険代ばかり払って貯金が無い・・・なんてことにもなりかねません。

重要なのはバランス

保険に加入するにあたっての一番難しいところ、それは保険のバランスです。保険の保障額を高めれば、その分保険料も高くなり、保険料を抑えようとすれば保障内容が少なくなってしまいます。どの保険に入るか、また、どの程度の保険料にするかをしっかりと考えることが重要です。

自分の為より家族の為に

例えば、茶柱パパの不注意で多額の請求を受けた場合、保険に入ってなければ、住む家や土地が無くなり、生活にも余裕は無くなるでしょう。だから、パパは保険に入っています。妻や子供が辛い人生を送ることは考えたくありませんから。保険は家族の為のものです。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8