安い自動車保険で節約

自動車保険は、クルマを運転する上で必要不可欠。どうせ必要な保険なら、少しでも安いほうがいい!自動車保険料を抑えるためには、走行距離割引や、ゴールド免許割引などがある保険会社がオススメです。不要な保障をつけすぎていませんか?


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約保険料の節約>安い自動車保険で節約

保険料を比較して安い自動車保険を選ぶ

誰もが加害者になりうる

もしも自動車保険に入っていない状態で、人身事故を起こしてしまったら・・・相手を死亡させてしまったら・・・もちろん、誰もが事故を起こさないように運転しているでしょうが、不慮の事故に遭遇することだってあります。突然子どもが飛び出して来たり、飛び出した子どもをよけて違う人と接触したりすることもあるからです。

保険に入っていれば・・・

万が一、事故を起こし、相手に重度の後遺症を残してしまう場合や死亡させてしまった場合、加害者側は億単位の請求を受けることになります。被害者の家族は言葉では言い表せない悲しい思いをすることになるでしょうし、加害者の家族は保険に入っていない場合、その後一生かかって金銭的な償いをしなくてはならなくなります。お金ですべてが解決するというわけではないのかもしれませんが、保険に入ることで少なくとも自分の家族は守ることができるのです。

自動車保険料のしくみ

自動車保険料は、主に「年齢条件」・「等級」・「車両保険金額」によって決まります。

項目 説明
年齢条件 年齢が若いほど保険料が高く設定されています。年齢が若いほど事故発生率が高く、逆に年齢が高いほど事故の発生率が低いという統計結果から導かれている
等級 最初6等級から始まり、1年無事故でいると1等級上がります。等級が上がるにつれて割引率もあがります。逆に事故をして保険を使うと一気に3等級下がることとなり、6等級より下がると通常の保険料よりも割増となります。
車両保険金額 車両保険金額は、どの範囲までの事故を補償範囲とするかによって大きく異なります。条件を限定して補償範囲を狭めれば保険料は安くなります。

保険会社の割引制度

「インターネット申込の場合3,000円引」・「新車割引」・「走行距離割引」・「ゴールド免許割引」などのように、保険会社は様々な割引制度を用意しています。車を運転する人の年齢を限定したり、乗る人を限定することでも保険料は安くなります。

安い自動車保険は比較して探す

自動車保険も同じ内容で保険料比較を行わないと、どの保険がコストパフォーマンスに優れているか区別がつきにくいです。自分に合った保障内容の中で保険料を比較し、安い保険会社を見つけるのが良いと思います。そのときに便利なのが、保険会社20社の自動車保険を無料で比較できるインズウェブというサイトです。しかも、今なら無料サービスの利用で「マックカード500円分」がもらえます。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8