安い生命保険で節約

病気や怪我をしたら・・・と考えると、生命保険は必須となります。自分に何かあったら、家族のために少しでもお金を残してあげたいのは当然のことです。でも、どうせ生命保険に加入するなら、安い保険料で、大きな保障があった方がいいですよね。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約保険料の節約>安い生命保険で節約

保険料を比較して安い生命保険を選ぶ

生命保険の保険料

一言で生命保険といっても、保険会社の商品としては実に多くのものがあり、その保障内容により保険料も変わります。心配しすぎて「あれもこれも」と様々な保障(特約)を付けていくと、保険料の支払いで家計は火の車・・・かといって、万一のことを考えると保険に全く入らない訳にもいきません。

我が家の生命保険

私の家では、自分と妻が入院費や手術代などの保障の付いている一般的な生命保険に加入していています。生命保険の保険料が一番大きく変わってくるのが死亡したときの受け取り額です。自分と妻の保険は、死亡した際の受け取り額をある程度少量にすることで月々の保険料を抑えています。

子どもの保険

自分には二人の息子がいて、それぞれの学資保険に加入しています。学資保険とは、入院費の保障や死亡保険付きの貯金みたいなものです。この保険も月々の保険料によって、保障内容が変わってきます。

保険料と保障内容のバランス

保険料は安くしたいけど保障内容は減らしたくない。誰もが同じことを思っていると思います。でも、保険会社も結局は営利目的の企業ですから、儲からない商品は置くはずがありません。

売れすぎては行けない保険商品

少し前に、ある保険会社が「安くて保障内容の優れた保険商品」を発売しましたが、申込者が多すぎて採算が合わず結局保険料金を引き上げることになったということを覚えています。安くすれば保険に入る人は増えますが、保険会社の経営が成り立たなくなってしまうため、極端に安く良い商品は出せないんです。

保険料を抑えるコツ

「保険料が一番安くて保障内容が一番いい保険」なんてありません。ではどうするか?ですが、保障内容のうち必要無いものを省けばいいんです。保険会社によって様々な保険があるので、その保険に必要最低限の特約を付けることで保険料は安くなります。

どうすれば保険料と特約の比較ができるか

私が取った手段、それは保険会社の商品資料をネットで請求し比較をしたということです。複数の保険会社の必要な資料を請求することで、手元にすべてのパンフレットを集めてじっくり比較すれば、どの保険会社のどの保険商品にどんな特約が付けられるか、また、保険料がどの程度になるのかがわかります。
資料請求は無料でできますので、保険で迷った時には15社の生命保険パンフレット一括請求を利用してみるのも良いでしょう。パンフレットで分からないことがあったら電話してもよいですしね。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8