子ども服の節約 家計節約

成長によりすぐに着れなくなってしまう子供服や靴は、できるだけ安いお店で!子どもは服を汚すことが多いので、衣類の消耗が激しくなりがちです。靴も足の成長によりすぐに履けなくなります。そんなときには、便利な通販などを利用して余計な出費を極力抑えましょう。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約衣服の節約>子ども服の節約

子ども服にかかるお金を節約

子供服に思うこと

子供服は、小さいのに高いですよね。もっと言うと使っている布が少ないのに高いですよね。何ででしょうね。自分はいつも「材料が少ないのだから安くてもいいじゃん」と思っています。

服の消耗

子どもが小さいうちは、食事のたびに服を汚したり、何でもないところで転んだりして、服を漂白する回数が増えるため、服の消耗も激しいです。さらにどんどん成長するので、服が長持ちしてもサイズが合わなくなってしまいます。

子供服と一言でいっても値段はピンキリで、大人の服のようにブランド商品は高くなっています。我が家でも子どもブランド服を若干持っているのですが、どれも長持ちしています。高くてよいのは当たり前ですが、確かに安い服よりも洗濯による縮みや伸びが少ないと感じます。

子供服を安く買うには

以前は西松屋などに行くこともあったのですが。我が家からは、車で40分くらい走らないと店舗がありません。また、子どもが増えるにつれ、子連れでの買い物がスムーズでなくなった…などという理由から、通販が主流になりました。

最近、よく使っているのはカタログ通販のレモール。もともと十分にお手頃価格なのですが、ネット限定セールなども開催しており、(セール商品は)お手頃価格の商品をさらに半額以下で販売することもあるので、かなり魅力があります。ただし、非常に安いので在庫切れになることも多々あり…。

全体的に子ども服の質が良いと思うので、我が家ではレモールを頻繁に使っています。

靴を買うなら通販

子どもの成長によってすぐに使えなくなるものとして靴があります。足のサイズがどんどん変わっていくため、我が家では子どもの靴にはあまりお金をかけていません。いつも子どもの靴代の節約のために利用しているのは、ヒラキという通販サイトです。
子どもの靴が200円以下〜という驚きの価格で販売されているので、買うときには何色かをまとめ買いしています。大人用の商品もあるので、本当助かります。

ちなみに左の写真にある靴は、左側が180円、そして右側が504円です。
ヒラキでは、5,250円以上買うと送料が無料になります。このときは私のサンダルと子ども用の無地の服などを買って送料無料にしました。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8