シーズン遅れの衣料品で節約 衣類の節約

衣料品、特にメンズブランドの場合、ただのTシャツでさえ高い。しかし、常にセールを狙って、時期はずれの服を買えば、大幅にお金を節約できます。セールなら半額以下のものも多くあるので、来年用として買っておくといいですよ。今年しか着れない流行物はおすすめしません。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約衣服の節約>シーズン遅れの衣料品で節約

シーズン遅れの衣料品を買おう

服の値段

衣料品についてですが、メンズブランドって高いと思いません?女性用の衣料品は、安いものでも種類が多く、選ぶことができるのですが、男性用の衣料品は種類が少なく、また高いため、お金に余裕がないと選ぶことができません。男性の方が全体的に衣料品の消費が少ないために単価が上がるのかも知れませんね。

どうしても欲しいもの

値段が高い服でも欲しいものは買います。もちろん、高いなぁ〜と思いながら買うのですが、気に入ったものであれば仕方ありません。今年(2005年)のことですが、初めて同じデザインの服を2枚同時に買いました。とても気に入って、好きな色が2色あったのです。あんまり悩むくらいならと、結局2枚買いました。妻も一緒に買い物に行っていたのですが、妻は服を5着くらい買っていました。その合計金額が約12,000円、そして自分が買った服2着の合計金額が12,000円・・・

服を買う時期

春になる前に春物、夏になる前に夏物というように服を買っていくと、デザインが好きなものを買うことはできるかもしれませんが、どうしても定価で買うことになってしまいます。しかし、春の終わりに春物、夏の終わりに夏物というように買うとかなり安く買うことができます。この場合、当然選ぶことのできる服の種類は減りますが、値段は半額やそれ以下になっていることもあり、とってもお得です。

1シーズン先を見越して

服を買うときには、常にセール狙いで、来年のものを買うようにすると衣料品にかかるお金はグッと抑えられます。先日、定価3,000円の服で、気に入ったものがあったのですが、セールで1,050円になっていました。特に流行りすたりの無いデザインのものだったので、いくつかのデザイン・色のものを合計3枚買いました。夏になる前なら定価で9,000円、夏が終わってから買ったら3,150円ですよ。この差は大きいと思います。1シーズン先を見越して買うとお金を大幅に節約できます。ただし、その年の流行りものを買ってしまうと、来年着るのはちょっと勇気が要りますので注意しましょう。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8