ギャンブルをやめる

ギャンブルに行くこと、それはつまり時間とお金をかけて、より大きなお金を得ようとすること。もしも、もともとのお金よりも減ってしまうのであれば、それは時間とお金を同時に失ったことになります。「賭け」の類のものは、大きく勝つ人もいるけれど平均したら儲かっていないんですよね。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約娯楽時間の節約>ギャンブルをやめる

ギャンブルをやめて他の趣味を

常に勝つならいいんだけど

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇などギャンブルと呼ばれるものは数多く存在しますが、これらの各施設は皆さんのお金で施設管理、運営を行っています。つまり、ギャンブルをする人みんなが常に勝つことはありえません。その中でも、ほんの一部の強運の持ち主がトータルで勝ち越すのです。

リスクが大きい

「勝てばお金が増える」というのは大変魅力的ですが、負けた(お金が減る)場合はダメージも大きいと思います。特に私のように月のお小遣いも少なく、お金があまり無い場合にギャンブルで負けたら、その被害は甚大です。たしかに勝てば面白いと思います。ですが、ギャンブルに行く人はみんな勝つ気で行き、多くは負けて帰るのです。勝つ気で行くギャンブルには、常に負けるかも知れないというリスクもあわせ持っているのです。

負けたときの精神的苦痛

ギャンブルに負けたときに思うこと(正確にいえば私が昔ギャンブルをしていた頃に、実際に負けて思ったこと)
・お金を無駄に使ってしまった
・無駄な時間を過ごしてしまった

無駄使いしたお金で服を買えたな〜とも思ったりしますが、不思議なものでギャンブルに使うお金があっても、そのお金で服を買いにいってもイマイチ踏ん切りがつかず、結局買わないんですよね。

ギャンブルに行かないでどうするか

皆さんに共通していえるかどうかわかりませんが、私は自分の趣味を見つけました。このサイトを作ったのも趣味が講じての部分大きいです。それ以外の部分としては、サイト運営による収入が入ることです。サイト運営による収入にはギャンブル的要素は全く無く、利益があるか、または無いかのどちらかで、金銭的に損になることはありません。ただ、一ついえるのはサイトを作る時間は必要だということです。

サイトを作っている間は、収入が無いのですから、結局は「ホームページを作るのが好き」であるか、「収入を得たいという気持ち」が強くないとできないと思います。私の場合はこの両方の理由があった為、現在まで続けられています。

話を元に戻すと、ギャンブルをやめるには、その他の「趣味に使う時間を増やしギャンブルに行く時間を無くす」ことだと思います。この趣味は人それぞれで、家でゲームをしたり、家庭菜園を作ったり、釣りに行ったりと考えられることはたくさんあります。この中で自分に向いた趣味があれば、「ギャンブルに行って一日で数万円もの大金を無くす」ことをしなくて済むと思います。

ギャンブルをやめることで生まれるメリット

きっかけがどうあれ、ギャンブルをやめることができれば、その時間を別のことに使うことができるので、時間の使い方次第では自分にとってだけでなく、家族にとっても大変有益なものになります。

無理に趣味を見つけなくても、家族と一緒にいる時間を大切にしたり、家事を手伝ったりすることでも、その時間は十分に有効に使えたと言えると私は考えます。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8