洗濯前のポケット確認で節約

洗濯をする前に、洗濯物のポケットに入っているものをチェックしましょう。ポケットティッシュが入っていると、洗濯した後にバラバラになったティッシュの屑が散らばって床が汚れます。また、衣服に付着したゴミを取るための時間も無駄になるので必ず事前に確認しましょう。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約時間と家計節約術>洗濯前のポケット確認

洗濯の前のポケットチェックで節約

洗濯物いろいろ

毎日の洗濯で、自分の服、妻の服、子ども達の服など、たくさんのものを洗いますよね。子ども達みんなが衣服を脱ぎっぱなしにすると、あとで洗濯機に入れるときに手間なので、脱いだ服は洗濯機に入れるように言ってあります。また、次のルールを守るように伝えてあります。
・服を裏返しにしない
・服は洗濯ネットに入れてから洗濯機へ入れる
・下着と靴下はそのまま洗濯機へ入れる
・汚れがひどい場合は下洗いをする

うっかり洗濯すると後が大変なもの

子ども達が学校でハンカチやティッシュを持っているかチェックを受けることがあるのですが、その時は普段あまり持ち歩かないポケットティッシュをズボンに入れています。
洗濯したティッシュ そのため、ポケットにティッシュが入ったままのズボンが洗濯機に入っていることも!
ティッシュが入ったズボンを洗濯すれば…。ティッシュがバラバラになって他の洗濯物に付着します。左の写真は、バラバラになったティッシュを洗濯後の衣服から振り払ったものです。

ティッシュを洗濯したら片付けが面倒

洗濯機で服と一緒にティッシュを洗ってしまうと、服はティッシュだらけ、洗濯槽にもティッシュが残り、床に落ちたティッシュの片づけも必要です。また、服に着いたティッシュをきれいに落とすには、もう一度洗いなおすか、乾いた後にコロコロで丁寧に掃除しなくてはなりません。たった1回ポケットチェックを忘れただけでも、後で掃除をする時間や、再度洗濯をする時間とお金(水道代・電気代)、床の掃除にかかる時間など、本来必要の無いことに無駄な時間とお金を費やすことになります。

何より、服と床と洗濯機の掃除が面倒なので、子どもが洗濯機に入れたズボンのポケットは、できるだけチェックをするようにしています。我が家では、花粉のひどい時期は妻のズボンのポケットからもティッシュが出てくることがあるので注意が必要です。原因になるのは子どもだけとは限りません。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8