新聞紙は節約情報誌

新聞紙は汚れたものを拭くことに使ったり、少し湿らせて窓ガラスの掃除をすることにも使えます。また、折り込みチラシは折り紙代わりに使うこともできます。また、折り込みチラシを毎日見ていれば、毎週何曜日(毎月何日)にどのお店で何が安いかがわかってきます。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約時間と家計節約の為に買う>新聞紙は節約情報誌

新聞をとって時間と家計を節約

新聞を取ること

新聞を購読している方は多くいらっしゃると思いますが、一方では新聞はあまり見ないのでとっていないという方もいらっしゃるでしょう。確かに読まないのであれば新聞代がもったいないですもんね。

新聞で得る情報

新聞紙面には一般常識として知っておきたい情報(社会情勢など)が多く掲載されております。これらすべてを読む方もいれば、テレビ欄しか見ない方もおり、人により見る場所も違うことでしょう。新聞自体をよく読む方は新聞にお金をかける意味があると言えますが、テレビ欄だけを見るのであれば、テレビ情報誌を買ったほうが良いのかとも思います。

新聞自体の情報だけでなく

新聞をテレビ欄だけの確認用にとっているのであれば、やめたほうが良いと思います。でも、新聞に入ってくる折り込み広告(チラシ)をしっかり見ているのであれば話は変わります。新聞の折り込み広告(チラシ)には、食品や電化製品などの特売情報が満載ですからね。

折り込み広告(チラシ)を活用

チラシを毎日見ていれば、毎週何曜日(毎月何日)にどのお店で何が安いかがわかってきます。ただ、安いからといっても、距離の離れた店舗に買い物に行くことは、交通費や買い物時間の浪費につながります。ですから、「どこで何を買うべきか」を事前に決めた上で買い物に出かけた方が家計にやさしいと言えます。

買う日買うものスケジュール

家計節約の面からいえば、1週間単位(1ヵ月単位)で「いつ」「どこで」「何を」買うかをまとめることが大切です。また、このスケジュール管理は、買い物時間の節約にもつながりますので、積極的に実施すべきことだと考えます。複数店舗に行く必要がある場合には、毎週何曜日(毎月何日)にどの店とどの店に行けば「時間と交通費」を効率よく使えるかを考えてみましょう。

新聞紙は使える

新聞紙は汚れたものを拭くことに使ったり、少し湿らせて窓ガラスの掃除をすることにも使えます。また、折り込みチラシは折り紙代わりに使うこともできます。私はチラシで紙飛行機を作って息子たちと遊んでいます。紙飛行機の作り方を教えるのであれば、小さい折り紙よりも大きなチラシの方がわかりやすいですしね。わざわざ折り紙を買う必要もなくなりますのでオススメです。

新聞をとってない方は1ヶ月だけでも

例えば、知らない町に引越しをした時には、すぐに新聞をとることをおすすめします。新聞をとることで、近くの店で何時、何が安いのかを把握する助けになりますので、最初の一ヶ月だけでも試してみましょう。

最後に一言、私は新聞社の者ではありません・・・


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8