サイクロン掃除機と紙パック掃除機比較

サイクロン式掃除機ではなく、紙パック式掃除機を選ぶメリットは、掃除機の本体価格が安い・吸引力がある・掃除機自体の手入れが楽(時間の節約に繋がる)というものです。サイクロン掃除機は手入れが大変で、まめに掃除機の掃除を行わないと吸引力が低下します。


カテゴリ別メニュー

節約時間時間の節約時間と家計節約の為に買う>掃除機を比較して買う

サイクロン式と紙パック式掃除機の手間を比較

個人的には…

私が掃除機を買って、感じたことを一言で言うと、
やっぱり掃除機は紙パック式
(※私の使用環境による主観的意見です)

店頭でも品数が増えているサイクロン掃除機、かなり前からある紙パック式の掃除機、どちらもそれぞれ売れています。が、「時代の流行」や「店員さんに勧められたから」という理由で買うのはどうかと思います。

流行なんてテレビや雑誌記事でどうとでもなりますし(スポンサーにそのメーカーがついていたりとか)、電気店の店員も特定メーカーと強いつながり(長い付き合い)がある場合は、そのメーカーの商品を売りたいでしょう。また、電気店としては利益率の高い商品を売りたいでしょうしね。それらが私の推測だけなのか、それとも事実なのかはともかくとして、我が家ではできる限り下調べをして、自分がいいと思ったものを買うようにしています。

サイクロン掃除機を買ったとき

今から何年か前(サイクロン掃除機が発売されてしばらく経った頃)に、その時点の最新機種を買ったのですが、そのときの決め手としては以下のことがあります。

・紙パック(消耗品)を購入しなくて良い
・コードレスタイプであった
・ゴミ捨てが簡単であった
・店頭で試してみて音が静かだった
・サイクロン式の中では仕事率・価格のバランスが良かった

で、実際に使ってみると、確かに静か、肩にかけて使用でき、コードレスなので何処にでも持っていける。いいことばっかり。・・・と思っていたのですが、充電が切れ使用不可に、今すぐ使いたいのにコンセントから本体に直接電源を取れない・・・充電しなきゃならない・・・コンセントから電源が取れるタイプにすれば良かった・・・

ゴミが一杯になったので、ゴミを捨てて、また掃除・・・あれ?前より、ゴミを吸わない・・・「おかしいな?」と思った私が掃除機の説明書に読んでみると、サイクロン掃除機はフィルターまめにを掃除しないと吸引力が落ちるとのこと。しかもかなりマメにお掃除しないといけないらしい・・・ガビーンって感じでした。失敗です。吸引力と音、維持費に眼がいき、購入前に手入れ方法を細かく読んでいませんでした。

紙パック式掃除機を買ったとき

2004年になって、紙パック式の掃除機を買いました。子どもが大きくなり、食べ物の破片やゴミが以前より増えた為、サイクロン式掃除機の吸引力では、掃除がはかどらなくなった為です。

何故、サイクロン式掃除機を買わなかったかですが、もっとも大きな理由としては、フィルターの手入れが面倒で、手入れをしなければ吸引力が落ちるため、掃除機の掃除にかける時間がもったいないと感じたからです。

今回選んだ紙パック式掃除機は、
・紙パック式で紙パックを購入する必要がある
・音がサイクロン掃除機よりうるさい
というようなデメリットがあっても、それ以上に

・掃除機の本体価格が安い
・吸引力がある
・掃除機自体の手入れが楽(時間の節約に繋がる)
というメリットがありました。

紙パック式掃除機推奨

「どうして紙パック式が好きなのか」ですが、やっぱり手入れが簡単で時間の節約につながるのが最大の理由です。掃除機を長く使っていく為には、交換用の紙パックを定期的に購入する必要がありますが、それを考慮してもやっぱり紙パック式がお勧めです。

虫嫌いの女性には特にお勧め!なぜなら、サイクロン掃除機で虫や虫の死骸を吸ってしまったら、掃除機にたまったゴミを捨てる時に、じかに虫が見えるので恐ろしい目にあうからです・・・紙パック式なら、そのままポイで、一度吸った虫を再度見ることは無いのですから…

妻も虫が大嫌いで、サイクロン掃除機を使っていた期間は、虫入りのゴミがたまったときは私が捨てていました。

紙パック式掃除機のススメ

音はサイクロン掃除機の方が静か、手入れは紙パック式掃除機の方が簡単です。あとは価格とお好みの問題かな・・・気になる方は、サイクロン掃除機紙パック式掃除機の価格をご確認ください。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8