ガスコンロでガス代節約

ガスコンロの火加減や鍋やフライパンのサイズを考えて熱効率を上げる。鍋(フライパン)の底に水滴が付いている状態では、水を蒸発させる為にガスを使っているということになるので事前に水分を良く拭き取りましょう。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約ガス代の節約>ガスコンロの節約

ガスコンロのガス代節約

お鍋のサイズ

鍋(フライパン)のサイズはコンロに合ったものを選びましょう。鍋が小さすぎると、炎(熱)が鍋の外側に逃げてしまいます。また、火加減は中火がもっとも経済的だそうです。また、炎(熱)が外側に逃げないように、アルミホイルなどでコンロの周りを(少し隙間を開けて)囲むという方法でも熱効率があがります。

鍋の底の水滴

鍋(フライパン)の底に水滴が付いている状態では、水を蒸発させる為にガスを使っているということになります。鍋を火にかけるのは水分を良く拭き取ってからにしましょう。

鍋(フライパン)の底の形はどうなっていますか?中華なべのように底が丸くなっているものは、炎(熱)が外側に逃げますので、ガスの節約には向きません。

電子レンジを使う

野菜を下茹するときには、電子レンジを使いましょう。素材にもよりますが、かぼちゃやイモ類、アスパラなどは、必要な大きさにしてから平らな皿に盛り、ラップをして電子レンジでピッ!ガスも使わず短時間で料理の下準備ができます。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8