外出時の飲み物代節約

出かけている時に飲食店で飲み物を注文すると高いですよね。お店から出てペットボトルを買えば、のみ残してもいいですし、こぼさずに持ち運べますので無駄にはなりません。家族が共通で飲めるものを買うのが一番オススメです。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約食費の節約>外出時の飲み物代節約

飲食店での飲み物代

飲み物の価格

例えば、120円の缶ジュースを買う場合でも、消費者は製造元の利益や販売店舗の利益が上乗せされた状態で買っています。お店で売られている飲み物って、実際はいくらくらいなんでしょうか?以前ファミレスで働いている友達に聞いたことがあります。当時150円のドリンクバーでしたが、1杯あたりの原価は2〜3円程度とか・・・(本当かどうかは知る由もありませんが)それを聞いてとても驚いた記憶があります。安いと思っていても結局はお店が儲かるようになっているんですよね。

飲食店の飲み物

喫茶店などでメニューを見れば、コーヒー一杯500円くらいはします。缶コーヒーよりおいしいのはたしかですが、それにしても高すぎます。ただ、そこで飲むことで、ゆっくり座って飲めるというメリットもあります。この場合、その値段を場所代と考えればある程度納得できますが・・・でも高い(しつこい・・・)

休む場所代は払わない

買い物に出かけた時に、少し休もうと思ったらベンチを探します。ベンチが無かったら階段とかでも十分に休めます。エレベーターやエスカレーターのあるお店の階段は基本的に人通りが少なく休むのにはもってこいです。休む場所は無料スペースで。

飲むならペットボトルの飲み物

出かけている時に買う缶ジュースは、飲みきれないと捨ててしまうことになります。でも、ペットボトルならのみ残してもこぼさずに持ち運べますので無駄にはなりません。パパの場合は買う飲み物も妻と相談して、二人が飲みたいものを買うようにしています。二人が別々のものを買って飲み残した場合、お金は「ペットボトルの値段×2」かかってしまいますし、出かけている間「飲み残し×2本」を運ばなくてはなりません。

絶対に飲み物が必要なら

出かけても必ず飲み物を買うとは限りませんよね。でも、絶対に買うことがわかっているのであれば、水筒やペットボトルにお茶や麦茶、水などを入れて持っていけばよいでしょう。歩いて買い物などをするときに、飲むかもわからないものを常に持ち歩くのは大変ですよね。だから、必ず飲み物が必要になるのであれば持っていけばよいと考えます。車での移動がメインであれば、車に置いて必要なときに飲むことができるので、持っていったほうが良いでしょうね。

外食しても飲み物抜きで

家族で遠出している時に外食する機会があっても、そこで飲み物を注文するのは大変もったいないと思います。一歩外に出てあたりを見渡せば、自動販売機の一つや二つすぐに見つかるはずです。とくに「オレンジジュース」などの注文は避けた方が良いです。何故なら、ほとんどの場合、その「オレンジジュース」の銘柄が明らかにされていないからです。商品の銘柄も、果汁がどの程度含まれているかも、自分が好きかどうかわからないものに高いお金を出すのは嫌ですよね。(店員さんに聞くのもありですが・・・結局は割高ですから)


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8