缶ジュースはまとめ買いで節約

疲れている時は甘味のある飲み物が欲しくなります。飲み物を全く買わないという節約もありますが、好きな銘柄のものを可能な限り安く買うことも節約だと言えると思います。そんなときはまとめて箱で買いましょう。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約食費の節約>缶ジュースはまとめ買い

缶ジュースは箱でまとめ買い

会社での飲み物

みなさんは勤務先でのどが乾いた時どうしていますか?お茶や水などを無料で飲める場所がありますか?そんな場所がなくても自宅から水筒を持っていけば良いのかもしれませんが、疲れている時は甘味のある飲み物が欲しくなる時がありませんか?

疲れているときに欲しい飲み物

パパの勤めている会社には、100円の自動販売機があります。コンビニなどで買うものよりも安いのですが、毎日買うとなると結構な出費になります。もちろん、全く買わないで済むのであればそれが一番の節約です。買わなければいいのですが、パパは疲れているときには缶コーヒーを飲みたくなります。

どうせ買うなら安く買う

人によっては、そのときどきで欲しいもの(飲み物)が変わるかもしれませんが、パパの場合、缶コーヒーがあればそれで大丈夫。ということで、毎日会社で買うのではなく、休日に箱入りのものをまとめ買いをして会社に置いておきます。

好きな銘柄の飲み物を買う

パパはパパはアサヒの「ワンダ モーニングショット」が好きなので、近くのホームセンターで1箱に30本入っているものを買います。30本で約2,100円、1本あたり約70円です。銘柄を選ばなければ、もっと安いものもありますが、せっかくお金を出して買うのもですから毎回おいしく飲めるものを買うようにしています。飲み物を全く買わないという節約もありますが、好きな銘柄のものを可能な限り安く買うことも節約だと言えると思います。

買ったものを勤め先に持っていく

パパは車で通勤しているので、箱で買ったものを箱ごと会社に持っていき、自分のロッカーに置いています。パパと同じように車で通勤していてロッカーがある場合は、同じようにすることができるでしょうし、電車通勤の場合は、毎日1本づつ持っていくということでも良いと思います。

ネットで買うときと実店舗で買うとき

パパが買っている缶コーヒーをネットで買うと、安いお店でも1箱3,000円くらいはします。「ネットは安い」とよく言われますが、実際には近くにあるスーパーやホームセンターの方が安いことも多くあります。パパがネットで買うのは基本的にはネットだけでの販売商品やネットで買った場合のみポイントが付くなどのメリットがあるものです。ただポイントが付くなどといったメリットがあったとしても、それ以上に送料がかかってしまうのであればやめます。みなさんも同じですよね。

缶ジュースは買わないのが一番なのですがね。。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8