車外設備の節約

タイヤやホイールを替えたり、エアロパーツをつけることは車への二重投資をしているということ。最初に車を買うときに支払ったお金の中に、それらの外してしまうもののお金も含まれていたのです。


カテゴリ別メニュー

節約時間家計の節約自動車の節約>車外設備の節約

タイヤ・ホイールなどの車外設備への投資と節約

車の外観

車を買うときには、いろいろな車の外観を比較して、自分の好きな形、色のものを買うと思います。最近では、新車で買うときにエアロパーツやホイールなどを選び、希望の形で納車してもらえるようになってきました。

タイヤとホイール

ホイールを好きなデザインのものに変える人もおりますが、そのときには、できるだけ同じサイズのホイールを買う方が望ましいです。でも、気に入ったホイールに同じサイズのものが無いときには仕方がありません。ホイールのサイズを変えるということは、タイヤのサイズも合わなくなるため、ホイールとタイヤの両方を替えなくてはなりません。

タイヤとホイールをそれぞれ4本ずつ買うとかなりのお金になりますので、タイヤとホイールは純正のままにした方が良いと思います。

エアロパーツ

エアロパーツをつければ車の見た目が変わり人目を引くのは確かです。しかし、それをするにはパーツ代と塗装費、そして工賃というようにたくさんのお金がかかります。また、塗装色によっては、元のボディカラーと微妙に違ってしまいかっこ悪くなったりということもあります(過去にパールホワイトの車でパーツを変えたところだけ色が違っている車を見たことがあります)。パーツの塗装をした人の力量にもよると思いますが・・・

すべて二重投資

タイヤとホイール、エアロパーツは、もともと車についてたものを取り外して、新たなものを取り付けるというものです。最初に車を買うときに支払ったお金の中に、それらの外してしまうもののお金も含まれていたのです。つまり、見た目の形は変われど「既にある(使える)ものを買う」ということに変わりはなく、それによって外されたものは、その後物置に眠るだけになります。

タイヤが消耗したから新しいものを買うというのであれば、「無いものを買う」ので当然なのですが、「あるものを買う」とうことは、単に二重投資しているだけでとてももったいなく感じます。

車の外観にいくらお金をかけても、一時の注目を得られるだけです。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8