安物買いは銭失い?

安物買いは銭失いと言うけれど、安いものでも自分が欲しいと思うものであれば、そんなことはありません。逆に高いものを買うときも、欲しいものを買うのであれば、銭失いではありません。安い理由がちゃんとある商品ならば、けっして損ではありません。


カテゴリ別メニュー

節約時間買い物の時間ネット通販の心得>安物買いは銭失い

安物買いは銭失いとは言うけれど

安いものを買いたい

世の中にはいろんなものがあって、その中の欲しいものをお金を出して買うのですが、例えば、同じ電化製品(同じ型番)を買うときに値段が10万円も違ったらどうします?他に比べるところって配送料金と支払方法くらいで、10万円の価格差を埋めることができる何かは見当たりません。

電化製品は、同じもの(同じ型番)はどこで買っても性能の差は無いですから、価格が安いに越したことありません。むしろ、私が心配なのはブランド品を買うときや、食品を買うときです。その理由はブランド品なら本物なのか知る術が無いし、食品だって産地を偽ることができるからです(すぐに疑ってしまう私の悪いクセです)。実際には、私も通販でいろいろなものを買っていますヨ。

ネット通販は本当に安いと思った時

私が電気屋でひやかしをしていて、当時まだ発売したばかりのプラズマテレビを見つけた時です。50インチのド迫力の大画面に思わずうっとり、少し欲しくもなりました。ですが、価格を見てすぐにあきらめました。なんと98万円(税別)なり・・・

自宅に帰り、ネットではいくらで買えるのか参考に見てみることにしました。・・・そのとき思わず目を疑いました。同じ機種(同じ型番)のプラズマテレビが同じ時期に78万円(税別)・・・なんだそりゃ?って感じでした。どちらにせよ高価で手が出るものではなかったので、結局買いませんでしたが、同じ時期に20万円の価格差は正直驚きました。

安い理由も然り

実店舗を構えているお店とネットのお店、同じ物を売っていても決定的に違うところは経費の部分。実店舗があるのなら、店舗内の照明代や空調代、人件費など維持に必要なお金が非常に多くかかります。一方ネットのお店の場合、実際に買う側が足を運ばなくても良い(商品を見せなくても良い)ので、極端な話、注文を受けるためのパソコンと人員、商品を置いておく倉庫だけで済むのです。

結局は買うものと買い方

安物買いの銭失いとは、安いからという理由で必要の無いものまで買ってしまうことです。必要なものを買うのであれば、安いものを買っても銭失いではないし、本当に必要なものであれば、例え高価なものでも買わなくちゃならないしね。

欲しい商品の値段が高いという理由で、性能が低いものを買い、後々後悔するのは一番もったいないことです。本当に欲しいものであれば、同じ商品を安く販売している店で買えばよいのです。ネット通販の方が安ければ、どんどん使えば良いと思います。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8