支払方法の選び方

通販での支払方法は、店舗毎実に様々です。クレジット、代金引換、銀行振込などなど・・・。それぞれの店舗において、また、それぞれの支払方法により決済手数料が異なります。ネット通販の事前確認事項としてそれら手数料の比較を行い、手数料無料の決済方法が無いか確認しましょう!


カテゴリ別メニュー

節約時間買い物の時間ネット通販の心得>支払方法の選び方

支払方法を選んで支払手数料を抑える

いろんな支払方法

ネット通販をご利用の際、商品購入時の支払方法には、実に様々なものがあります。代表的なものとして、クレジットカード決済、代金引換払い、銀行振込に郵便振替、コンビニエンスストアでのお支払いなどがあり、その他にも、プロバイダ独自のお支払方法(iREGi・erio・smash・・・etc)など聴き慣れない決済方法があります。

多くの支払方法が存在する中、「いかにお徳にお目当ての商品を購入できるか」には、次のことが大切です。
1・各支払方法の特徴について詳しく知る
2.欲しい商品のあるショップの支払方法について知る

1.各支払方法の特徴について詳しく知る

支払方法によっては、使うことにでポイントが貯まるなどの特典があるので、「自分にとってメリットのある支払方法」を積極的に使うこと、とり入れることが重要です。

おすすめの支払方法
・クレジット(VISA・MASTER・JCB等)
クレジットカードでの一括払いの場合、支払手数料がかかりません。
茶柱パパのイオンクレジットカード クレジットカードの中でも、私がオススメするクレジットカードはイオンカードです。近くにイオンのショッピングセンターがあれば、毎月20日と30日はレジでカードを見せるだけで5%引き(お客様感謝デー)になるし、年会費も無料だからです。

というわけで私も妻ももイオンクレジットカードを作りました。

2.欲しい商品のあるショップの支払方法について知る

「欲しい商品があったらすぐに買う」というのも場合(在庫数量が少ない・限定品など)によっては正しいですが、時間に余裕があるときには、購入しようとしているショップの「支払方法」について確認してみてください。

このとき、手数料無料と記載されているものがあれば、それがベストな「お支払方法」です。
店舗によっては、※印などをつけ、最後に「○○の場合は有料となります」というような記載をするようなこともありますので、しっかり確認をしましょう。

手数料無料のお支払方法が無い場合は、欲しい商品を売っている別の販売店での支払手数料を確認しましょう。その中で、商品価格と手数料の合計金額が最も少ないものが、価格面では最良だと言えます。

もし、手数料無料の「お支払方法」が複数ある場合は、ご自身にとって都合のよいものを選びましょう。支払方法によって「先払い」であったり「後払い」であったりすることもありますし、支払方法によってポイントが付いたりすることもあるためです(例えば、年間○○円買い物をすると△△円の商品券がもらえるなどといったクレジットカード自体の特典)。

また、価格云々よりも、急ぎですぐに欲しいという際には、販売店の商品配送からご自宅に届くまでの日数を優先して考えましょう。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8