無理に買う節約

わざわざ通販で買うことはないという商品も、欲しい商品に組み合わせて買うようにすれば、配送料金や、決済手数料などの余計に支払うお金を節約できます。今欲しくないものでも、将来使うことが約束されている商品であれば、それは無駄買いではないのです。


カテゴリ別メニュー

節約時間買い物の時間ネット通販の心得>無理に買う節約

無理に買うことは無駄ではない

配送料金を安くしたい

ネット通販を利用する時には、商品代金以外にもかかるお金があります。ほとんどの場合、支払手数料と配送料金の両方がかかり、ネットショップによっては、これらについて「○○円以上購入の場合無料」というような表記があることがあります。

例えば、以下のようなネットショップがあったとします。
項目 内容
取扱商品 健康食品・日用品
支払方法 クレジットカード(1回払いのみ)(手数料:無料)
代金引換(手数料:税込350円)
銀行振込(手数料:お客様負担)
コンビニ振替(手数料:税込150円)
配送料金 1回の注文毎に1,000円(税込)
税込5,000円以上購入の場合無料とさせていただきます

このお店の健康食品の中に、試してみたい商品があり「4,800円(税込)」だったとします。しかし、そのネットショップでは税込5,000円以上購入すれば送料が無料になります。こういったときにあなたならどうします?試してみたい商品(自分に合う健康食品かわからない)をもう一つ買いますか?

私なら、それ以外の商品、日用品の中から普段使うものを一点購入します。この時買うものは、どのお店でも価格があまり変わらない「中性洗剤」や「洗濯用洗剤」などです。

支払手数料を安くしたい

支払方法についても、送料と同じように「○○円以上購入の場合無料」というお店が結構あります。一番オススメなのは、やはりクレジットカードでの支払いです(クレジットカードの支払いは怖いという方については、代金引換を選ぶというのもひとつの手段です)。代金引換での手数料も一定額以上購入することで無料になるお店もありますしね。

無理買い≠無駄買い

ここで言いたかったのは、「無理に買うことは、必ずしも無駄になるということではない」ということです。将来「必要になるもの」を買うことで、送料、支払い手数料といった商品以外に支払うお金が無くなる、または少なくなるのであれば、「今すぐに必要でないもの」も積極的に買った方が良いと考えます。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8