子どものお風呂のしつけ

家族で一緒に入浴することには、水道代やガス代を節約するということもありますが、家族の共有時間を増やすという目的もあります。我が家では子どもと遊ぶことでお風呂の時間を楽しいものしています。シャンプーも小さいときからのやり方で嫌がらないようになります。


カテゴリ別メニュー

節約時間子育ての時間子どものしつけ>子どものお風呂のしつけ

子どもとお風呂に入るとき

家族でお風呂

我が家では、自分と妻と子ども達、みんなで一緒にお風呂に入っていますこれには、水道代やガス代を節約するということもありますが、家族の共有時間を増やすという目的もあります(家族で入浴して節約)。毎日、お風呂でおもちゃ等を使って遊ぶことで、子どもは「入浴が楽しいもの」だと覚えていきます。私の子ども達はお風呂大好きです。

お風呂での決め事

お風呂に入るときに、私が子ども達に言っている約束事(手順)があります。・・・といっても、そんなに大それたものではなくごくごく普通のことです。ただし、家庭により若干違うかもしれません。
【基本】
・お風呂に入る前に頭や体を洗う
・お風呂に入ったら浴槽にためたお湯を口に入れない(汚い)
・お風呂の壁にお湯を飛ばさない(カビが発生する)
・お風呂を出る前にゆっくり「10」数える
・お風呂を出るときは頭から拭く(当たり前)
【その他】
※おしっこをしない(次男坊はウン○もしたことがあります。。)
※長男に「次男が転んだら助けてあげる」ように教えてあります

お風呂でのシャンプーの方法

我が家では頭を洗うときに、シャンプーハットは使いません。子どもを立たせてから、私か妻が手にシャンプーとお湯(頭を濡らす為)をとって頭を洗い、洗い終わったら子どもの顔を手で覆ってあげて、頭からシャワーをかけて流します。長男も次男も小さいとき(立つようになってすぐ)から、ずっとこの方法で頭を洗っています。

最初の何回かは嫌がりましたが、毎日続けることで慣れてしまい、今ではシャンプーを嫌がることはありません。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8