居間で子どもの危険回避

子どもが居間で怪我をしないよう、事故・怪我防止を考える。いつもいる居間も子どもにとっての危険な場所があるはずです。今一度危険な場所や危険なものがないか確認して、しなくても良いはずの怪我をしないように気をつけましょう。


カテゴリ別メニュー

節約時間子育ての時間>居間で子どもの危険回避

居間で子どもの危険を予想

居間で危険予想

居間のサンプル画像で子どもの危険を考えてみたいと思います。
(我が家にはこのような居間は存在しません。もっと散らかっています。。)
1.ソファ
2.テーブル
3.壁掛け時計
4.テレビ台

1.ソファ
ソファには座るものですが、子どもはソファの上に登ってみたり、ソファの上でジャンプをしたり、ソファの上から床やじゅうたんの方へジャンプすることもあります(我が家だけでしょうか?)。ソファの上に乗るだけでは怪我をすることは無いのですが、ソファのバランスや、乗った場所によってはソファごと倒れてしまうこともあります。
また、ソファの後ろ側にスペースがある場合、ソファの上で転んで落差の大きい後ろ側に落ちてしまうこともありうるので気をつけましょう。

2.テーブル
居間にあるテーブルは、高さも低いので、子どもが小さい時には特に注意が必要です。テーブルの角が丸くなっていればまだ良いのですが、角ばっている場合は接触の仕方次第で切れてしまうこともあります。兄弟がいる場合は、ふざけて走り回ってテーブルに突っ込んだりすることもあります。角がとがっているテーブルの場合は、市販されている安全器具をつけるのもひとつの手段です。

3.壁掛け時計
壁掛け時計がある場合は、しっかりと固定しておきましょう。固定が甘いと、ちょっとした地震などでも落下する恐れがあります。壁掛け時計だけでなく、画鋲などでカレンダーを壁にかけてある場合も、画鋲が落下して、子どもが踏んでしまうこともあるので、時にはゆるみがないか確認をしましょう。

4.テレビ台
テレビを置いてある台は、多くの場合、テーブルよりも角ばっているはずです。また、ものによっては、キャスター付きの物もあるので、しっかりと固定(キャスターのロック)をしておきましょう。我が家には薄型のテレビは無いのですが、薄型テレビをキャスター付きのテレビ台においてあり、キャスターが固定されていなければ、台が動いた拍子にテレビ自体が倒れてくることも予想されます。子どもが怪我をするのも辛いですし、薄型テレビが壊れるのも辛いですよね。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8