手足口病の症状と対処方法

手足口病になると手と足と口に水疱状の湿疹ができます。手足口病は空気感染し特効薬はありません。手足口病になったら家にいるのが一番です。とくに子どもが保育園、幼稚園などに行っているようであれば、他の子にうつしてしまうかもしれません。


カテゴリ別メニュー

節約時間子育ての時間子どもの病気と怪我>手足口病の症状と対処

手足口病って何?

手足口病(てあしくちびょう)って?

病名の通り、手と足と口に水疱状の湿疹ができます。私の子どもが感染したときには微熱も出ました。長男が小さな頃にこの病気になりましたが、湿疹もあまりできずすぐに治ってしまいました。
主に小さな子どもが感染するようですが、大人でも感染することがあるようです。(妻が以前保育士の仕事をしていたときに感染した先生がいたそうです)

手足口病は見つけにくい

手足口病は、人によって湿疹があまり出ないこともあるため、注意してみないと分からない場合もあります。
2007年6月末・・・長男が部屋で寝転んでいたときに、足の裏に少しだけある湿疹を妻が発見しました。また、妻は長男の手にも少しだけ湿疹を見つけました。これを見て妻は手足口病だと言い、次の日に病院に行き、幼稚園を休ませることにしました。病院での診察結果も手足口病とのことでした。
長男の足にできていた水疱上の湿疹です。
こっちの足にはひとつだけ。
湿疹が治ってきたところです。
(色が少し濃くなっている部分)

空気感染する

手足口病は空気感染(飛沫感染というらしい)するらしく、次の日には、次男が感染してしまいました。次男の場合は、手と足、そして口の中にまで湿疹ができていました。長男のそれと比べ明らかに程度が重いようで、食べ物を口の中に入れることも嫌がりました。
湿疹が口の中にできてつぶれると、口内炎のようにひどくしみるようです。
このときの次男の熱は38度程でした。
次男のももの内側です。長男と違い、湿疹がかなりの量、しかも広範囲にできました。
次男のひざです。大き目の湿疹がたくさんできました。

手足口病の治療法

この病気には特効薬はありません。ロタウイルスと同様で症状にあわせて治療をする対症療法しかないとのことです。熱が出れば解熱剤、痒みや痛みなら痒み止めや痛み止めというようにします。手足口病であるかどうかを判断する意味でも、まずは病院に行きましょう。

手足口病について思うこと

手足口病になったら家にいるのが一番です。とくに子どもが保育園、幼稚園などに行っているようであれば、他の子にうつしてしまうかもしれません。妻が他の子のお母さんに、「子どもが手足口病なったこと」を話したところ、病名だけを知っている人や、聞いたこともないという方もいたそうです。

私も知らなかったので生意気なことは言えませんが、この病気のことを知っている親御さんがもっと多くなれば、感染して辛い思いをする子どもも減るのでしょうね。


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8