節約時間について

節約時間のできた経緯についての説明と目的。限られた生涯の中で、家族との共有時間をいかに増やすことができるのかを考え、時間を無駄にしない生活を送ることで自分の時間も作る。自分の時間をできるだけ有効に使い家族にとってメリットのあるものに変えていくことが大切だと考えています。





節約時間>節約時間について

このサイトについて・取材依頼について

サイト管理者について

このサイトの管理人は「茶柱パパ」です。この「茶柱」という部分は、一家の大黒柱として家族を支えていくという立場にある私(パパ)の「現在のスケールの大きさ」の例えです。茶柱のように頼りなく小さい柱・・・

将来は、家族の中心でみんなを支える立派な大黒柱になりたいです。

お金に苦しんでいたけど

実を申しましと、このサイトを立ち上げる前に、かなり長い間、家計面で試行錯誤していた時期がありました。たしか、2003年の8月頃だと思います。この頃、我が家では私と妻の二人で働いておりました。

当時1歳の息子を母に預け、妻と二人で共働きをしておりました。自分は会社員、妻は幼稚園に働いていたのですが、自分の給料がひどく安く、妻の給料も臨時職員として働いていたので正職員のそれには到底及びませんでした。そんな中、幼稚園という仕事柄か、妻の持ち帰りの仕事が多く、せっかく夫婦共に帰宅しても、息子と過ごす家族団欒の時間がほとんど持てませんでした。

共働きなのに何故お金が無かったのかというと、車の購入資金を貯めていたからです。妻の給料は全て貯金し車を購入する時に備えるようにしました。私の給料はというと、妻と子、そして両親、祖母の食費や生活費(電気代、ガス代、水道代)や保険などに使い、家計は火の車状態でした。両親も食費や電気代などで協力してはくれましたが・・・

なにがいけないのか・・・真剣に考えた時、まず自分の給料の安さに目がついたのです。同級生の友人などに比べ自分の給料が明らかに安かったのです。そんなに安い給料が嫌ならもっと給料の良い仕事を探して、仕事を変えるという選択肢もありますよね。

しかし、自分は田舎に住んでおり職業も選べるほど豊富にはありません。また、例え今よりも給料が良くなっても、通勤距離がのびたり、残業が増えれば、家族と過ごせる時間が減ると考えていたため、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

サイトができた経緯

その頃からか、インターネットで副業について調べるようになりました。いつものように、ネットで仕事探しをする中、大きな発見をした日がありました。「インターネットで無料で収入を得る方法」についてです。内容としては、アンケートに回答したり、メールを受信してポイント貯め、商品券などと交換してもらえるといった内容のものです。

これはっ!と思い、実際に多くのアンケートに回答したり、メールを受け取ったりすることも体験し、商品券や現金も手に入れた私ですが、さらなる副収入(欲深い・・・)を求め、ホームページの運営による広告収入を得ようとも努力しました。

でも、お金の為に時間を使うことで、家族との共有時間が減るのであれば仕事を変えたのと同じ。私としては、家族団欒の時間を減らしたくはありません。そこで、家族との共有時間を増やし、また、自分の時間を作るために時間を節約しようと思うようになりました。普段の生活の中にある「無駄な時間」を省くことで生まれる、新たな時間を利用して、子育ての時間、家族の時間を大事にしつつ、子どもを寝かせてからの限られた時間だけをホームページ運営に使うこととなりました。

最初は単にお金を稼ぐために始めたホームページ運営でしたが、やってみるとなかなか面白いと感じ、今では自分にとって趣味になってしまいました。このサイトは、その趣味が高じて作り上げたものです。ですから、自分にとってお金を稼ぐことと無関係なことを主に扱っています。

パパという立場である私の考える「育児」や「家計の節約」、そして私が一番大切だと考えている「時間の節約」について、一人でも多くの方に知っていただき、また共感していただくことができれば幸せです。

雑誌掲載・テレビ放映について

雑誌編集、テレビ制作会社の担当者様より、ご依頼をいただくことが増えてまいりましたが、以下の情報は非公開の為、お力になれないかと思います。あらかじめご承知ください。
・いままでの節約、貯蓄額
・本人および家族に関する情報
・居住地が特定されうる情報

掲載誌
2012.10.25


当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright 節約時間 All rights reserved. Since 2004/8/8
GroupSite 副収入 格安温泉 リンク